レビトラ

ED薬の安値を調査しています

レビトラの安値状況

レビトラ

バイアグラの安値状況

バイアグラ

シアリスの安値状況

シアリス

ED治療薬レビトラについて

レビトラは、バイアグラに次ぐ、経口タイプのED(勃起不全)治療薬として注目されています。
現在では、世界およそ100カ国にて発売されており、日本においても2004年にバイエル薬品より販売を開始しました。
EDの治療薬の中で有名なものは、恐らく皆さんご存知であろう「バイアグラ」でしょう。ココで紹介する「レビトラ」とは、それに次いで知名度と人気を誇るED治療薬です。この2つの治療薬の成分は、科学的に見ればかなり近いものですが、両治療薬における効果と、服用の方法については、やや違った部分があります。

レビトラの特徴として、まず最初に書いておくべき違いとしては、「服用してから効果が現れるまでの時間差」があります。
通常のレビトラの服用方法としては、「行為におよぶ1時間前に服用するように」と言われていますが、バイアグラに比べ、レビトラは即効性があるので、実際のところは、性行為に及ぶ15分前に服用するようであれば、十分な効きめを発揮することができます。
つまり、レビトラはバイアグラに比べ、スタートダッシュが早く、いざ本番直前と言ったタイミングに対応できる治療薬であるといえるでしょう。また、レビトラはバイアグラと比べ、食事の影響を受けにくいため、空腹時でも効果が期待できます。

以上のことから分かるように、レビトラは「バイアグラの欠点を補う為に開発された薬」という言い方もできるでしょう。
また、バイアグラを服用していて、思うような効果を発揮できなかった人が、レビトラを試しに使ってみたら効果を実感できたといった事例もかなり見られるようです。

勃起のロジック

レビトラを服用して、勃起効果を発揮するまでのメカニズムについてご説明します。
陰茎には、無数の神経および血管が集まっています。通常、男性は性的興奮を感じたり、性的刺激を受けたりすると、陰茎海綿体の平滑筋がゆるみ、動脈が拡がります。そうすることにより、大量の血液が陰茎内に流れ込むことになるため、スポンジの要領で海綿体が膨れ上がることによって、陰茎が起き上がった状態になります。
それに対しED患者の陰茎は、平滑筋を弛緩させる機能と関係の深い物質(cGMP)が少ないため、勃起するための血液が十分にペニスに流れ込まない状態となってしまい、その結果として、勃起不全に陥るのです。
レビトラには、上記の勃起を阻害する酵素「PDE-5」の働きを阻む成分「バルデナフィル」が含まれているため、一時的にペニスへの血液流入が増え、勃起する事ができるというロジックです。
レビトラの効果および作用は、実際のところバイアグラとほぼ同じであり、有効成分は違いますが、薬としての仕組みは変わりません。しかし、有効成分が違うぶん、薬の効きめには違いが出るのです。
主には”食事の影響を受けやすいかどうか”といった事です。レビトラはバイアグラに比べて「食事の影響を受けにくい」ので、食事の影響を受けたくなかったり、食事の時間に左右されたくない人にとっては、バイアグラよりレビトラの方が向いているかもしれないですね。

レビトラの副作用

レビトラは、バイアグラよりも効きめが早く、副作用の少ないED治療薬として、注目されていますが、全く副作用が起こらないというわけでもありません。
健康な成人男性が、正しい医師の指導の下に用いる分には、リスクの少ない効果的な薬として期待されるレビトラですが、レビトラを使用した人の中には、「頭痛」「顔のほてり」などの副作用を感じた人も意外といるようです。
レビトラの副作用の中で、最も多く報告されるものは、上記の「頭痛」および「のぼせ」です。その他には、人によっては、「胃痛」「めまい」「鼻水」「鼻づまり」が起こる可能性もあるようです。
しかし、レビトラを服用した際に現れる軽い頭痛や顔のほてり、もしくは鼻づまりといった症状は、一時的なもので、少し時間が経てば、それらの症状は徐々に収まっていくようです。

レビトラの使用上の注意点

【お酒はほどほどに】

これはEDの人に限った話ではないですが、お酒を飲みすぎると、勃起障害が増悪してしてしまいます。なので過度に飲酒した後に服用した場合は、レビトラの効果が十分に発揮されないです。しかし反対に、「適度な飲酒」は、リラックス効果をもたらし、性欲が高まるので、むしろED治療に効果的な場合もありますが、あくまで薬を飲んではいけません。
飲酒とアルコールについての危険性については、アルコール健康医学協会のホームページでも注意喚起されています。

【グレープフルーツはダメ!】

グレープフルーツ、もしくはグレープフルーツジュースを飲んだ後の状態で、レビトラを服用することは、非常に危険であるとされています。グレープフルーツには薬の血中濃度を上げる作用があるため、重篤な副作用を引き起こす可能性があるのです。服用する前に食べるのは絶対に避けましょう。
詳しくは、グレープフルーツと薬のページを参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ